腸と免疫力の関係

免疫と聞いていろいろなことが想像できると思います。免疫力を高めると病気になりにくいとか、栄養バランスを考えた食事が大事になるとか、適度に運動しないといけないなどでしょうか。
想像した中に「腸」や「腸内環境」という言葉ありましたか。

実は免疫と腸というのは、とても大きな関係があるのです。
もしも思い浮かべた中に「腸」が入っていなかった場合には、最後まで読んでみてください。

免疫細胞のおよそ7割は腸に存在している

驚いた方もいるかもしれませんが、免疫細胞の多くは腸で作られ、存在しています。
数字にして約7割ですから、違うという人はいないでしょう。
そのため腸内環境を整えることで、免疫力を高めることができます。

腸内環境を整えるには、善玉菌を増やすことが効果的でしょう。
有名な善玉菌としてあげられるのが、乳酸菌です。さらに乳酸菌の餌となるオリゴ糖も一緒に摂取することで、更なる効果を期待できます。

この2つを効率的に摂るために、ヨーグルトにきな粉を混ぜて食べることをお勧めします。
さらにヨーグルトには、乳酸菌だけではなくビフィズス菌という善玉菌も豊富に含んでいますから、腸内環境を整える心強い味方です。

7割が腸で作られると言いましたが、残りの3割は自律神経で作られるのだそうです。
ですから、睡眠不足など自律神経のバランスを崩す行為も免疫にマイナスになります。

免疫細胞の多くは腸で何をしているのか

体を守るための免疫細胞(リンパ球)の多くが、腸に集まっていても仕方がないと思いませんか。
もちろん、そこにいるのには理由があります。
腸にいると言いましたが、正確には小腸の壁の外側に集まっています。

腸内細菌が腸に刺激を与えることで、壁の外側にも刺激が送られます。
それに対してリンパ球は攻撃を受けたものだと錯覚して、活性化します。
しかし腸内細菌による刺激は、実際には害のないものです。

簡単に言うと腸の中で、リンパ球が鍛えられています。
そして十分に鍛えられたリンパ球が全身をめぐり、体を守る役割を担うのです。
つまり免疫細胞が腸にとどまることで、免疫力を高めているわけですね。

逆に言えば腸内環境が悪く、腸内細菌(善玉菌)が少ないと十分に鍛えることができずに、免疫力が低下してしまいます。

以上、腸と免疫力の関係…でした。