日常生活から免疫力を向上させる日々を過ごす

自ら病気になりたいという人は、なかなかいないかと思います。できる事なら、病気をすることなく人生を全うしたいものですよね。
近年の健康ブームも、病気になりたくないという思いからきているのではないでしょうか。

病気にならないためには免疫力高めることです。しかし、知らず知らずのうちに免疫系に悪い生活をしていませんか。
今回は生活習慣という点から、免疫について考えてみましょう。

生活習慣を見直すことが免疫力アップの第一歩

免疫系、免疫細胞と言っても、結局は自分の体の機能です。ですから当然生活習慣は無視することはできません。
まずは質の良い睡眠をとる事です。

自律神経が免疫をつかさどっていると言います。
眠ることで自律神経のバランスが保たれていますから、しっかりと睡眠をとらないと自律神経のバランスが崩れ、免疫にも影響を与えてしまいます。
7~9時間程度の睡眠が理想です。

朝日を浴びて、朝食を摂る事も大事になります。免疫細胞は昼の活発に働き、夜にははたらきが弱まります。ですから朝になったことを、朝日や食事で知らせることで、免疫細胞の活動のリズムを整えることができるのです。
また栄養バランスの良い食事をとる事も必要です。

特に整腸作用のあるヨーグルトや納豆、抗酸化作用のあるニンジンやトマト、ホウレンソウといったものには、免疫力を高める効果が期待できます。

気を付けたい免疫に対してマイナスに働くこと

免疫細胞とは要するに白血球です。喫煙をすると、白血球の一つである肺胞マクロファージの働きを衰えさせてしまいます。
加えて、喫煙によってリンパ球が減少することもわかっています。

体温と免疫は密接にかかわっていて、体を冷やすと免疫力が低下してしまいます。
具体的には体温が1度下がると、3割低下するのだそうです。入浴のときにシャワーだけですませてしまうと、免疫的には良くありません。
できるだけ湯船につかり、体温を上げるようにしましょう。

適度な運動をすることは、免疫の面から見ても良い効果を発揮します。
運動することで体の内部環境が変化し、ストレスになり、適度であれば自律神経や免疫系を刺激して機能を高めてくれますが、激しい運動をしてしまった場合にはストレスを与えすぎてしまい、機能が低下してしまいます。

以上、日常生活から免疫力を向上させる日々を過ごす…でした。