免疫力を高めるためにどういうものを食べればいいのか

日々の生活の中で、食事をしていないという人はないでしょう。
その日食べたものが、巡り巡って自分の体を作るのだと考えると、食事の工夫次第で体に様々な影響を与えることができるのがわかりますよね。
ダイエットで炭水化物を食べないようするというのが、その顕著な例ではないでしょうか。

そして食事は免疫にも大きくかかわってきます。
そこでどういうものが免疫系に対して良い作用をもたらしてくれるのか、調べてきました。

免疫細胞の多くは腸の中に存在する!?

実に70%に及ぶ免疫細胞は、腸の中に存在すると言います。それはつまり、腸内環境を整えることで、免疫細胞にもいい影響を与え、免疫力をアップさせることができるということです。
腸内環境を整えるためには、いかに善玉菌を増やすかになります。

まずはヨーグルト。乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が豊富です。
しかし特に体外から取り入れた乳酸菌は、時間がたつと排出されるため、毎日食べることが大事になります。
納豆菌は善玉菌を増やす手助けをしてくれるため、納豆も積極的に食べたい食材になりますね。

善玉菌の1つである乳酸菌ですが、オリゴ糖をエサにしているらしいです。
つまりオリゴ糖が含まれたものを食べることで、間接的に善玉菌を増やしてくれます。
ヨーグルトと相性がいいものとしてはきな粉があげられますが、ほかにも玉ねぎやニンニク、バナナにも豊富に含まれています。

抗酸化作用があるものを食べて低下させない

呼吸などで体内に酸素を取り込みますが、そのうち2%は活性酸素に変化するのだそうです。活性酸素が増えると細胞や組織にダメージを与えるため、免疫力を低下させます。
そこで抗酸化作用があるものを食べて、活性酸素を減らすようにしましょう。

ニンジンやホウレンソウ、小松菜などに含まれるビタミンAは優れた抗酸化作用を持っています。加えて、粘膜も丈夫にしてくれますから、ウイルスの侵入に強くなるそうです。
ビタミンCは抗酸化作用に加えて、白血球のサポートもしてくれます。ビタミンCが多いものは、ブロッコリーやキャベツ、レモンなどです。

このほかにもトマトに含まれるリコピン、緑茶のカテキン、ブルーベリーのアントシアニン、玉ねぎやリンゴのケルセチンなども免疫力を高めるために、摂取したほうが良いとされています。

以上、免疫力を高めるためにどういうものを食べればいいのか…でした。