なぜ人は免役をつけないでアレルギーになるのか

人生の中でできれば無縁でありたいものはあると思います。例えばアレルギーもその一つでしょう。
生まれつきアレルギーがあるという人もいれば、あとからアレルギーを発症したという人もいることでしょう。

そして日本人にとって最も身近なアレルギーは花粉症ではないでしょうか。
やっぱり花粉症も免疫力と関係がありますので、今回はアレルギーと花粉症についてお話します。

なぜアレルギーが起こるのか?免疫との関係は

アレルギーは特定の物質を体に取り込んだり、接触したりすると肌荒れ、発疹などの症状が出ることを言いますよね。例えば猫アレルギーであれば、触れることはおろか、近づくだけでくしゃみが出るという人もいます。
その理由が免疫力にあります。

免疫は簡単に言うと外敵が体内に侵入して来たら、攻撃を仕掛けるシステムです。これが正常に作動すれば問題ないのですが、過剰に反応してしまうことでアレルギーの症状が出ます。
過剰に反応した免疫は、自分の細胞も傷つけ始めるため炎症を起こし、この炎症がくしゃみなどになります。

難しい説明は省きますが、免疫には学習能力があり、一度戦ったことのある外敵を、同じように排除しようとするため、同じ物質に対してアレルギー反応を起こしてしまうわけです。

免疫と花粉症にはどのような関係があるのか?

花粉症もアレルギーですから、先ほどの話の一例として見てもらえばいいかと思います。
花粉が体内に侵入しようとしたときに、免疫が過剰に働くために、くしゃみや目のかゆみなどの症状がでます。
しかし本来花粉は人体にとって無害なもので、外敵とは呼べません。

つまり免疫が花粉は有害なものであると、誤認するために花粉症は引き起こされます。
誤認するということは正常に機能できていないということにほかなりませんから、その原因は免疫力の低下であると言えるでしょう。
ストレス社会とも呼ばれる現代において、人々の免疫も弱くなっているためか、日本人の花粉症の割合は増加傾向にあると言われています。

花粉症にならないためには、マスクなどで花粉に触れないようにする方法も大事ですが、免疫力を低下させないように、適度な運動をしたり、十分な睡眠をとったり、栄養バランスを考えたりということも大事になります。

以上、なぜ人は免役をつけないでアレルギーになるのか…でした。