何も知らないよりはずっと良い!免役力の仕組みや流れなどの基礎を学ぶ

免疫とは病気にならないための体の仕組みであり、免疫力を高めることができれば病気になりにくい、という認識だけでも日常生活に問題はないかもしれません。
知る機会なく平穏無事に暮らせれば、それが一番かもしれませんが、もしもの時のために簡単な事だけでも学んでみませんか。

自己防衛機能の免疫は2つに分けられる?

まず免疫力とは、人が生まれつき持っている、体に有害な物質が入るのを防いだり、体内でできたがん細胞などを死滅させたりして、健康を守る自己防衛機能の事です。

自己防衛機能の免疫は2つに分けられる?
聞いたことがあるかもしれませんが、免疫において重要な役割を持つのが、「白血球=免疫細胞」です。
免疫細胞には、害があるものを見つけるものや、攻撃を仕掛けるもの、攻撃の指示を出すものなどいくつかの種類があります。

さらに免疫細胞は2つにわけられて、1つが1日中体を監視して、率先して病原菌と戦う自然免疫系です。もう1つが、1度感染した病原体に対して抗体を生産することで撃退する、「獲得免疫系」です。
1度かかった病気にかかりにくくなったり、ワクチンを利用することでその病気にかかりにくくなったりするのは、獲得免疫系のおかげだと言えます。

年齢とともに低下するのはどうしてなのか

若者よりも高齢者の方が病気になりやすいというイメージはないでしょうか。それは、20代を頂点として免疫力が低下していくからです。

年齢とともに低下するのはどうしてなのか
特に免疫の中でも重要とされる、ナチュラル・キラー細胞(NK細胞)が衰えるからだと言われています。

NK細胞の役割は病原体や異常を見つけた時に、最初に攻撃を仕掛ける細胞です。要するに最前線で体を守ってくれているものになります。
例えNK細胞だけでは排除しきれない病原体であったとしても、攻撃をし続けることで悪化することを防いでくれるのです。

また加齢だけではなく、ストレスや生活習慣も低下の原因となっています。この「現代型免疫低下」は、近年増加傾向にあり、若年者であってもガンなどが発症するリスクが高まっていると言えるでしょう。

病気になりにくい体を作るためには

免疫力を高めるには、健康的な生活を送ることが大切です。例えば免疫細胞は運動することで活発に働くため、適度な運動を心がけてみてください。

病気になりにくい体を作るためには
それから睡眠の乱れは天敵ですから、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

20分ほど昼寝を入れるだけでも効果があります。
風邪をひくと熱が出て、体温が上がりますよね。免疫としてはその方が都合が良いようで、体温が1度上昇するとその力は5~6倍アップするのだそうです。

ですから入浴をして体を温める事でも、病気に強い体を作ることにつながります。
最後にストレスをためない事です。いろいろな病気に関わってくるイメージがあるかと思いますが、ストレスがたまると免疫が乱れてしまうのだそうです。

以上、何も知らないよりはずっと良い!免役力の仕組みや流れなどの基礎を学ぶ…でした。